スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「小沢判決についてどう思うか?」法学部の学生100人に聞いた;¨”!”。

「小沢判決についてどう思うか?」法学部の学生100人に聞きました(以下すべて仮名です);¨”!”。「裁判官が判断を避けた印象だ」(小川正夫)。「そもそも小沢一郎を起訴することに無理があった」(小川一郎)。「検察審査会のメンバーについてネットで騒がれていたので怪しい」(坂本修)。「無罪と無実は違う」(斎藤忠雄)。「疑わしきは罰せずという刑事訴訟法の原則に忠実な判決だった」(斎藤健)。「小沢一郎氏は相手を訴えないのでしょうか?」(斎藤久)。「政治闘争の色彩が強いので司法は介入するべきではなかった」(西川勇)。「政治に与える影響が強いので裁判官に重責すぎる」(石川正夫)。「裁判所前でガラの悪そうな右翼と左翼が喧嘩していたのが印象的」(金子明)。「中国が喜びそうなので複雑な気分」(五十嵐正)。「小沢一郎氏の秘書が有罪なのだから政治的な責任は残る」(金子一郎)。「民主党の谷亮子さんがはしゃいでいたのが印象に残った」(藤田光男)。「小沢一郎総理が誕生したら谷亮子さんにはスポーツ担当大臣になってほしいですね」(仲間由紀恵)。「検察は小沢一郎氏に負けた」(小川正夫)。「司法試験に受からなかった小沢一郎氏が検察エリート集団に勝利したので痛快」(小川一郎)。「小沢一郎氏が総理大臣と法務大臣を兼務して検察大改革をやってほしい」(坂本修)。「小沢一郎氏に総理大臣をやらせてみればよい」(斎藤忠雄)。「判決の内容と結論が国語的に変だ」(斎藤健)。「日本の司法は政治的に中立ということを確認できてよかった」(斎藤久)。「鳩山政権終了で小沢一郎氏は役割を終えた」(西川勇)。